ファシリテーターの紹介

ファシリテーターとは 

人々が活動を容易にできるよう支援し、うまくことが運ぶように舵取りするのがファシリテーターの役割です。

分かりやすく言えば、飲み会の幹事職です。主役はあくまであなた方、参加者です。

遠山 衣美(すっぴー)

演劇歴は意外に長く、小学校5年生の時演劇クラブに入る。

最盛期は高校演劇部時代。

その後、日常生活や教育分野で演劇の可能性を感じるも、どうすればよいのか分からず日々に追われる。

2008年、ドラマセラピーに出会い、日々の癒しやリフレッシュに演劇が活用できることを知り目から鱗。共感できる部分が多く、「ドラマセラピー基礎トレーニング」の二期生としてファシリテーターを学ぶ。 

現在は2歳半の息子を担ぎながらファシリテーとするという異例のファシリテーター。

本団体の管理人であり、部長であります。

夢は演じることを通して人々の生活を豊かにすること。  

小出 和彦(koi)

青山学院大学ワークショップデザイナー修了生
’95前橋市主催「橋屋」演出
光景旅団 代表
’09’10境演劇講座講師